2006年 10月 22日
福果~AMULET(神保町編)
c0045025_022337.jpgかねてより大好きな作陶家さん、イイホシユミコさんの個展へ行ってきました。

場所はgallery福果さん。

普段「ギャラリー」慣れしていないし、その都度色々な場になじめるならいいんだけど、普通にしようとして却って挙動不審になりがちな自分。かなり「ギャラリー」という言葉にドキドキしていました。c0045025_024083.jpg

看板を見つけてホッ。イイホシさんのあの陶器の佇むポスターで、一息。階段を昇り小さな木のドアを・・・





思っていたよりこじんまりした空間。木の什器と共にイイホシさんの器はありました。

まずごっつりしているタップシューズを入り口付近において、うっかりぶつけたりの粗相がない様に。

そしてじっくり・・・じっくり眺めました。

イイホシさんの作品はかなり売れてしまっていたとのこと。
でも空間の広さと展示の量は合っていた様に思います。
ある程度空間を持っている器だと思うから。

同じくらいの大きさのお皿でもリム(縁)の厚さや深さが違う。実際に手にとってこれだけの量を見るのは始めてなので、興味深い楽しい一時。
縁に釉薬の塗ってあるいつもの?シリーズの他に、模様の入っている作品もありました。

c0045025_23574437.jpgもし、ギャラリー主さんと二人きりだったら・・?、沈黙にも弱い自分は、想定しただけでドキドキでしたが、素敵な感じに穏やかでくだけたちょっと年上の女性の方で、目から鱗。。
お客さんもひっきりなしでしたが、多分大丈夫だったろうと思います。
とても居心地のよいギャラリーです。

もう1軒、「AMULET」さんへ。
フレンチキーホルダーやビュバーに興味があって1度行ったことがありますが、今回は小物関係をお勉強しに。
c0045025_002372.jpgこちらもこじんまり空間だけど、福果さんとはたまたま対照的に、色々ちょこまか。見逃さないように、キョロキョロ☆
手づくり作品もカードからアクセサリー、バッグなど充実しているし、リトルプレス的冊子も嬉しい物がちらほら。
ネットで見ていた「なごやに暮らす」「いろは」「すいとう」「マイチャーム」・・・魅惑的です♪

正味1時間程度の滞在だったけど(こんなんばっかり)満喫満喫。
素敵なギャラリー、他の展示も見てみたいなと思いました。
そのときは喫茶「さぼうる」さんにも是非寄りたい。
あ、餃子も食べたい~!(実はこの前にタップのレッスンに行き、その後皆でインドカレーをたんまり頂いて来てしまいました(汗)これはこれで楽しかった♪)


c0045025_005357.jpgおまけ:岡尾美代子さんとロペピクニックがデンマーク・オランダを旅して見つけた雑貨たちを集めたイベント「Loppemarked」が10/28~11/5まで各店内に登場するそうです。
岡尾さんの映す写真が好き。行ってみようと思います。
[PR]

by gr.nickel | 2006-10-22 00:11 | そとで


<< 54このくちばし(表参道編)      15年ぶり(西千葉編) >>