2006年 11月 28日
安曇野(パパの野望編)
c0045025_11424163.jpg11月23~25日旅に出ていました。
元はと言えば1号の机をオーダーして製作風景などを見せて頂きに行きたい相方さんの一言から。。

細かいエピソードなどはグッチーズの方に。
こちらでは趣味にはしってます。



まずクラポさん
7月末に注文して只今製作途中。
工房といってもショールームではない訳で実用ばりばりな「仕事場」

それでもちょっと作品が置いてあると空間は一変します。家具が根付いているというか・・・かもし出す落ち着いたシックな空間。
出来上がっているものから塗り、切断、様々な過程が混在していて、相方さんも色々聞いていました。
妻の如き素人目には分かりやすい天板に目が。大きさ的なこともあると思うけど木って美しいなぁと心惹かれます。c0045025_11463498.jpg
帰り間際上野さんは、我が家をパチリ。
使う人を思い浮かべながら作る方が気持ちも違うそうです。
ネットで見つけたこの工房。やはり実際に見る、作り手さんに会うことで愛着も楽しみ度も格段に違います。
作り手さんも同じなんですよね。
(画像テーブル上に並んだ角材が1号の机の脚・引出となります。ウォールナットでこれから塗りなど経て落ち着いたあの色となるそうです)

c0045025_11484582.jpg大体この辺りのギャラリーは道路から脇に入り、背の高~い木々と紅葉の織り成す並木道を奥へ奥へ。
それがすごく素敵な風景で毎回シャッターをきりたくなるんです。

c0045025_11485878.jpgnagiさんもとっても素敵なお店。
そしてこの後も何度と出会いますが、大体店舗(宿)とご自宅も隣り合い。周りの自然と溶け込んでいます。
生活と生業も自然に融合しているような、そんな感じ。
2階は屋根裏部屋風。奥にちょっこり本箱。既に見たもの、見たことないけどすごく気になったもの。時間を忘れてページをめくりました。
c0045025_121292.jpgc0045025_12122286.jpg


お昼に自然薯麦飯食べて、国営アルプスあずみの公園。


c0045025_11592774.jpgそして七ケ月さん
約七ヶ月、週末のみ営業のweekend cafe。
今年は残すところ23、25日まで、ギリギリセーフ☆
家族連れやおじさまお1人やカップルの方、そして自分、混在しながらぼんやりコーヒと栗のチーズケーキ。
チャーチチェアがテラスに、可愛い長くつや篭、作家さんの作品などの雑貨も店内外に。ほっこりしました。


そして一路ちひろ美術館へ。
c0045025_1214963.jpg「安曇野で生まれた椅子」展。もちろん相方さんです。
先程のクラポさんも出展していて、普段あまりこういう展示に興味のなくとも、見るとどれも座らずにはいられない素敵なものばかり。
もちろん常設の椅子もとっても素敵。見た目だけでなく、読みやすそう。こだわりを感じます。
c0045025_1225720.jpg絵本を堪能したいけど、我が家の2号さんの様なうきうきしたお子が・・・という方には「子どもの部屋」。
ここでも本物に触れられるようにと、「ミニチュア名作椅子」。シェーカー、トーネット、ウェグナーなど世界的に有名な建築家やデザイナーたちの椅子のパロディが設置されていて子どもだけでなく大人も楽しまねば、です。

また、韓国の絵本展も行われていて、カフェにも併せて韓国の伝統的なお茶が登場しているとか・・☆


c0045025_1262315.jpg宿泊は「遊人」さん。
どっしりしたロッジ、薪ストーブ、階段に並ぶ書架・・
我が家のみだったので、とても伸び伸びさせてもらいました。
絵本もたくさん。後日購入しようと思う1冊にも出会い3人踊りました。
見る度ここを思い出すでしょう。


安曇野は11月2~5日に「安曇野スタイル」という大きなイベントが行われたばかり。
その時に行けば、ふだん出来ない工房体験や臨時カフェなど満載だったとか。
今回もまだまだBANANA MOONさん、十色屋さん、ギャラリーシュタイネさん、安曇野絵本館さんなど浮かんだけれど、
我が家には時期がまだきていないみたいです。
お店の方や宿の人ともゆったり話せて、目をかけてもらって、せわしくない今で良かったなぁと思います。

この後、長野編、松本・おみやげ編と続きます。
[PR]

by gr.nickel | 2006-11-28 12:14 | そとで


<< 長野編      暖をとる2 >>