2006年 12月 02日
松本編
c0045025_2226342.jpg
3日目は安曇野~松本へ行き、帰路となります。

まず国宝松本城
とってもきれいでした。
時間の都合上、中に入らずじまいでした。
我が地元のお城ではプラネタリウムが行われているので何かあったかなぁ・・・




c0045025_22281663.jpgそして中町通りをぷらぷら。
蔵造りのクラシックな佇まいと、若い作家さん達への後押しなど新進の気概とが入り混じった感じ。
松本民芸家具」さん、

c0045025_22291898.jpgGRAIN NOTE」さん、
こちらでは岡澤悦子さんの「大人のうつわ 子供のうつわ」展。
松本在住で、我が家の1号と歳の近いお子様のいらっしゃる岡澤さん、
大切にしているのは「母ならではの器を作ること」だとか。
子供の遊ぶスペースなども展覧会には珍しく設置してあり、やさしい感じの器と共にお人柄を感じました。

c0045025_22311527.jpgそしてギャルリ灰月さん
書店の2階にあります。
c0045025_22313181.jpg
そこへの外階段の途中、中2階の「高美屋文庫」は蔵のギャラリー。
期間中はコンサートや喫茶もあるとか。素敵☆
さて灰月さんの扉を押すと、白の広がりを感じます。
たまたまか音楽もかかってなく、白い空間に静寂。ここもじっくり吟味できる貴重な空間でした。

松本、城下町。
水路があちらこちら隠れていて、つい流れる様をぼんやり・・・
他都市とは違う雰囲気を感じました。

楽しかったあっという間の3日間。
さて再訪があるとすれば2号の机の時かな・・・?

c0045025_22365423.jpg
c0045025_2237274.jpg
[PR]

by gr.nickel | 2006-12-02 22:37 | そとで


<< コーヒ      PETITの回 06-11 >>