<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2006年 04月 28日
銀座でぶらぶら その2
ちょっと日にちが空いてしまいましたが、PILOTの後、警察博物館へと更に家族サービス?

キッズ警察官制服を着たり、運転シュミレーションもできます(要免許)
4階には各都道府県警の徽章がずらり。
主だった部分は同じながら、何県かを示す部分だけ違い、それが結構おもしろい。
   茨城県:薔薇(真紅の薔薇が、金のマークの上に咲き誇り・・・ギャップがね)
   香川県:香川の「か」の字を県木・県花であるオリーブ(何故?)ぐるり  などなど

まだ万年筆を見たい相方さんと2人ずつに別れ、
c0045025_19534257.jpgポーラミュージアム「本の仕立屋さん」展。

手づくりの素敵な豆本たちと、4名の装丁家さんの今までの作品。
コラージュ、ビーズ、金箔、型押し・・様々な素材と内容という素材とのコラボして小さいながらも1つの世界として素敵。
c0045025_1954086.jpg色々なモンブランの写真を貼った「モンブラン」、「りんご」、
他には恐竜の本なんてのも。これは背表紙にステゴサウルスの背中の角の様な緑のビーズをあしらったもの。外箱に入れたときもここだけぴょこんと出るようになっています。

ダレンシャン、よしもとばなな、ナンシー関、山本文緒・・・一度は見たことある本ばかり。こんなに表紙を向けて並んでいるのも・・・贅沢ですね

この日はミニブック作りの体験があり、時々で香水づくりなど無料で素敵な企画があるみたいです☆

どちらも入場無料のもの。知らずに行きましたが
うしし☆、かなり楽しんできました

おまけ
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-28 19:58 | そとで
2006年 04月 25日
PILOT
先日日本橋のポケモンセンターへ。
でも合間合間で大人の見たいところも混ぜられるようになってきました。

まずはまたもや100%チョコレートカフェ。美味しい所へ家族を案内するようでいて自分が一番食べたかったり。

その次は相方さん御所望。万年筆のPILOTのペンステーション
2階がミュージアムになっています。

c0045025_16151771.jpgc0045025_16155862.jpgそこへと続く階段がパイロットの歴史を英語で1段1段書いてありライトアップ。期待もUP☆
途中にも当時の看板などが。


c0045025_16182260.jpg
昇るとすぐに万年筆オブジェ。このほかに巨大シャープペン・ボールペンもあり、実際に稼動するので家族は喜んでいました(こちらは裏グッチーズで)。

c0045025_1620061.jpg
c0045025_16193884.jpg個人的には蒔絵万年筆コレクションがお勧め。
「忍草」「舞姿」「裏白」「貝合せ」なんてタイトルだけでも心が・・・
昭和6年から平成13年までのコレクション、同じ題材でも蒔絵師が違えばそれもまたよろし。
帰りは1階がカフェですのでゆるりと一服な
                       ど如何でせう。

京橋って、日本橋や銀座に挟まれてはいるけど、意外と閑静な佇まい。。
ちょっと穴場ですよ
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-25 16:24 | そとで
2006年 04月 22日
タップは・・・?
フラウ最新号「みんなダンスにはまってます! 踊る、快感。」

我がタップダンスは(期待♪)、と思いめくってみると、う~ん、4p。
熊谷和徳さんをピックアップ。確かにCMでもかっこいいし、実際にワークショップ行っても素敵な感じです。

でもダンススクールなどの色々な紹介にはヒップホップやバレエ、フラやベリーダンス、ジャズなどなどばかり。

ミクシィでタップコミュニティに参加しているとそんな風に思えませんが、世間では(女性誌では?)そんなものなのね・・と頬の横を風が通り過ぎていきました。

c0045025_22511647.jpg

Lotusカラメルビスケット(ベルギー)
海外のお菓子って何だか可愛い気が

[PR]

by gr.nickel | 2006-04-22 23:01 | よんだりみたり
2006年 04月 21日
100%チョコレートカフェ
c0045025_22565591.jpg国際フォーラムへ出向く折、100%チョコレートカフェへ行くことができました。

チョコ大好き。
「チョコレートはメ・イ・ジ♪」世代の私にはずっと気になっていた所。



c0045025_22591393.jpgc0045025_22592393.jpg茶を基調とし、壁際には一面に設置されたクーラーの中に、56種類のチョコレート。
背の高いスツールと落ち着いた、スウィートな感じ、というより少しビターな店内。

チョココロネやワッフレートはその場で中身をチョイスできます。
プレーンカカオ、抹茶、カシスヌーヴォーにしました。(いつもながら店内で写真を撮るの恥ずかしくてすみません)

c0045025_2302731.jpgロゴはちょっとコロンとした感じでスウィート。コースターや紙ナプキンはそそくさと鞄へ。
更にドリンクをオーダーするとひとくちサイズの「365日のチョコレート」を添えてくれます。
その日の日付の入ったチョコが365種、更に曜日毎にテーマがあるそう。

例えば月曜日 :カラダもココロもシャキッと目覚めるスーパービターな“おめざ
           めショコラ”
この日:水曜日(4/19)は「カカオ効果でカラダとココロをやさしく癒す“リフレッシュショコラ”」の曜日でお味は「コートジボアール&スルデラゴ」でした。

家族連れで騒がしいにもかかわらずスタッフの方がとてもにこやかに接して下さりお腹と心はマイルド・・なのでした。

追伸:国際フォーラム・・・くまのぷーさんミュージカルでした(^_^;ゝ(こちらは裏グッチーズで)
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-21 00:50
2006年 04月 17日
午前中
普段はスケジュール入っているのが大好き。じっとしていられません。

でも最近一人の時間も少し出来てきました(2時間ちょいなんですけどね。すごいことなのです)
何をするかといえばまずは雑事。
この毎日繰り返される家事でさえ、1人だと違うのです。
まず音楽を聴きながら出来る。う~ん。
色々試行錯誤しつつ片づけしたりも出来ます。急に他のことを思い出してほったらかして離れてもこの時間は大丈夫。いつのまにか泡だて器がブロックの中に・・・なんてことはありません。

c0045025_23115472.jpg殆ど家事で終わってしまうけど、
うまく少し時間が残ればやり溜めていたファイル・写真の作成・整理なんかも。穴あけパンチなんかも大活躍です。

他にも内緒のこと・・・なんかもしたりして♪

コーヒも座って飲んだりできます。う~んうまい
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-17 23:13
2006年 04月 16日
竹の子
今年もこの季節。本年第一弾の竹の子来訪
相方さんの実家の裏山でわんさか生えてきます。
そして、田舎の人ってたんまり下さる。

結婚するまで殆ど食べることのなかったこの食材。
1週間2品ずつこれで作ってもまだまだ余る、当初は我ながらどうなることかと思いました。

近年ようやく使いこなせるようになってきたのと、近所に子供を通して出来たお友達が増えて、喜んで食べてもらえるのとでかなり心も余裕を☆
結局何にでも入れているというか・・・

新鮮だとかなり根っこ?の方でもやわらか~いということ、採ってすぐの先っぽをゆでずにそのまま食べれること、採ってすぐ窯ゆでしてしまった(MY 窯があるんですね)方が美味しいことを30代間近にして知った私。
そんな贅沢になれた相方さん、冬に食べたがる子供にねだられ水煮を買って帰ったりするとびっくり。スーパーでもこの時期値段にいちいち驚いています。

今年は昨年よりは当たり年の様ですよ♪
それにしても冷凍が出来るといいんですけどね・・・
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-16 00:02
2006年 04月 14日
アンティ・ヌルメスニエミ
今回もかもめ食堂からのつながりで・・・実は前回もです(^_^;ゝ

かもめ食堂にもありました、あの色とりどりのヌルメスニエミのポット。
鍋はこの人によるデザインだと知りました。

c0045025_17205512.jpgそんな訳で「アンティ・ヌルメスニエミについての小さな本」
(15.5cmx11.2cm 、
95ページ・ハードカバー
\1,365 (税込)
時折お世話になる
biotopeビオトープ

cinqサンクの2店で著)

生い立ちからのご自身についての話、
様々なプロダクト、台所用品~地下鉄や鉄塔!までカラーで紹介。
困っているマンホールの蓋職人の為に、生産ラインをフルに活かせる鉄鍋を提案なんてワンダフル!
職人・メーカー・使う人皆の要求をみたす、デザイナーとして心にくいお方。
日本でも「アンティフォン」なる電話機が出ていたんですって。
岡尾美代子さん・堀井和子さんというコラム陣も心にくいです

c0045025_19564721.jpg
c0045025_19565374.jpg
・一押しはこの装丁。
白・赤・黄・茶・水色とコーヒーポットをイメージ。これが表紙を向けて並んでいたら・・・♪
小口は手作業で黒く塗られています。
ポット感?を出す為だそうですが、色のコントラストに対するこだわりはアンティさんへの想いなのでしょうね。

ポット、状態のいいものは殆ど見つからず日本では高値の花の様ですが、ごくごく普通のフィンランドの家庭、町の食堂では今でも現役なのでしょう。
お鍋が長く愛されてきた後、日本で活躍しているように。

アンティ・ヌルメスニエミさんて?
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-14 21:24 | 北欧
2006年 04月 12日
黒い鍋
c0045025_2341482.jpg我が家のおなべなのですが・・・
半数近くは頂き物、半数はお金の一番ない式直前に慌てて揃えた物。
頂き物でも、結婚祝いで事前に何鍋がいいか聞いてもらったりして重複もせず、全て現役活躍中。

なのですが、7年近く経ち、家族が増えて大きくなるにつれて、足らなくなってきてしまいました。
以前はミルクパンで間に合ったスープ。今ではそんな訳にはいきません。

そこで、そろそろ気に入ったお鍋を自分でじっくり探してもいいのでは(なんて言い訳しながら)と色々と。

条件は  黒
      ツートン(素材違いの)が望ましい、
      大きさ的なこと、        の3点です。
敢えてお値段は条件に入れませんでした。
お鍋って一度使うと中々なくなることないのですもの。一生と思えば☆

探し始めると、黒は鋳物やフライパンは多く見つかるのですが、中々良いご縁がなくて・・・
ツートンも出来れば樹脂なんかではなく、木が良くて。

ようやく・・・
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-12 23:44 | 北欧
2006年 04月 09日
かもめ食堂
c0045025_23234639.jpgc0045025_2324283.jpg

先日本を読んで、とても好きになったこのお話。

家人の都合でずっと無理かなと思っていたけれど、お友達☆もりっぺさんのレビューを拝見し「行くべし」と深夜密かに誓って9時間後、映画館に座っていました。

じんわり好き(^-^) 
マサコさんの服のウェスト背面部分のギャザーとか、サチエの着込んで首周りのゆるくなった感じのTシャツ、ミドリの鞄の持ち方など、様々なリアリティにクスリ☆、それでいておとぎ話的な雰囲気。
物言いというか、間というか、いいんですよ☆

そんなゆったりほんわかするお話なんだけれど、色彩はビビッド!
小物や衣服の柄もそうなんだけれど、何というかフィンランドマジック!

c0045025_2326346.jpgc0045025_2327069.jpgヌルメスニエミのポット(5つでしたね)とか、
Timo Sarpanevaの鍋、iittala社のorigo、マリメッコなど新旧の北欧プロダクトももちろん、場に和んでいます。

井上陽水さんのエンディングまで好きなこの映画。
が、中でも、動いているもたいまさこさんを観たのは多分初めて。
小林聡美さんの美しいのにうっとりしながら、もたいさん、個人的にとても好きになりました。
あんな上着が似合ってああいう物言いが出来る50代・・・いいなあ

そんな訳で、我が家は、おやつにシナモンロール、夜はおにぎり大会で一人余韻を・・・☆
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-09 00:29 | よんだりみたり
2006年 04月 08日
ピンク
c0045025_0583123.jpg
filatures du lion

桜も先週の土曜が一番見ごろかと思いきや、雨風の多かった1週間に負けず今日もまだまだいけています。
そんな並木を自転車で走りながら、ピンクで書こうかなと思いました。

昨年ごろからお気に入りの、フィラチュール・デュ・リオン。
マイケル・タピアなどのカットソー製造を委託されているファクトリー・ブランドだそうですが、確かに綿100でこの光沢や肌触り、質が良くて手が出ない値段ではない。(セールのときはタートルが4000円くらいでした)ほれ込んでいます。

画像はピンク。人生初の桃色購入です。
ちょっと迷いましたが、落ち着いている色味とシルエットがスタンダードなので意外と手持ちでまわせそう。。。
昔の自分を思い起こすと嘘の様なセレクトです。
他の3枚は・・もちろん、全てグレーです。次はネイビーかな。
[PR]

by gr.nickel | 2006-04-08 00:59 | いつもの