<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 17日
奈良旅路 2
c0045025_892110.jpg二日目。
8時前には朝食も終えてさて何時出発にしようか…9時?
それでは遅〜い、だって。8:30集合。
三世代じっとしていられない一家です(笑)

本日、いやこの旅行のメインイベントは鹿の角切行事。
昼からなので同じ奈良公園内を攻めていきましょ

まずは世界遺産、東大寺。
南大門からの合間から大仏殿、圧倒〜!
突き抜ける秋空に都だ!バーン!すごいなぁ

ここに至るまでに鹿せんべいを手にした2号が
彼らに襲われたのは言うまでもなく、です。
手裏剣の如くせんべいを投げてしまう姿は
もはや“近づかないで”でありました(笑)

c0045025_892126.jpg話は戻り大仏殿入口右側には賓頭廬(びんずる)尊者像
よく見ると愛嬌あるお顔、自分の体の悪いところと同じところを触るとよいそうでお足元はつやっつや☆

そして大仏さま。
私はお座りになっている蓮の花びらに仏教世界の絵図
が好きだなぁ
仏界と人間界の関係性が繊細に掘られておりました。
こんな大きい大仏さまを裏から結構無防備に見られるのも面白い。
「くぐると幸せになる」柱の穴を子供らがくぐるのはお約束☆

c0045025_892178.jpgそして裏手から二月堂へ。
緩やかな坂、カーブ、土塀…たまりません♪
何となく清水寺を思いおこす面々なのでした。

ここからはちょっと二手に。
若草山と一服〜チームに。
標高500余mを20分ほどで。
汗ダラダラで着いた頂上には…鹿がおりましたよ
かなり縦横無尽に自由なお方たちなんだわね。
緑の頂上で見渡せば奈良に高層ビルがあまりないこともありい〜い景色でした♪

c0045025_892159.jpgそして本命、鹿の角切です。
まず奈良公園にはおよそ1300頭の鹿がいる、そして角は一年毎に抜け落ち生え代わるということ。
その中から人との共存や保護の為、40頭弱がこの行事で角を切られます。
2号はいなせな勢子さんに夢中(ハート)
経験からくる余裕とユーモアある殿方は確かに素敵☆そうなってほしいものです。
角も購入。
ヤングな一年モノ〜猛々しいモノまで販売しています。
それにしても何故メンズって角そのものなんだろ〜?

無事第一目的に安堵したらならまちへ。
どこからどこがならまちか?
石の舗装と電柱の色(赤茶)でわかります。
な〜んて。通りがかりの地元の方からです。

清酒醸造元春鹿さん
四種利き酒が大人気です。
口直しには醸造に使うお水、おつまみに出る自家製奈良漬けも美味♪
燻製奈良漬けは奈良漬け苦手な私でも「!」

ちょっと歩けば庚申堂や
からくりおもちゃ館へ。
ずっと観光してきているから
座って実際に遊べるのはありがたいです。
定休日もわざと他とずらしてお手洗いが使えるようにと配慮されてるのだそう。

c0045025_892154.jpgおもちゃ館お隣の鎮宅霊符神社にはかわいいコがおりますよ。
ヒャッホー狛犬と言われているとかいないとか。

まだまだ道々つまんだり購入したり。
下山してからすぐ筋肉痛のまま2日目終了〜
[PR]

by gr.nickel | 2012-10-17 08:09 | そとで
2012年 10月 11日
奈良旅路 1
c0045025_10554365.jpg
毎年恒例の三世代旅行
北海道→京都ときて、
最近は子供の意見が大きいかな。
昨年の名古屋は大河ドラマ「江」の影響がもろにきていました。
男子だからか?歴史モノと言えば鎧甲冑が好きなんだわね。
それで今年は…奈良でした。

ニュースで見た鹿の角切行事に行きたいと昨年から言ってたものの。
一年の間に変わるかと思いきや、
1号は授業の歴史がリンクしてきたりで
変更なくゴー。
大人たちはもう、近くて20年前、果ては50年前…のセピアな記憶なメンバーばかり。

まず第一日目は同じく鹿の角切に行く友人家族と同じ新幹線で出発〜。
京都から奈良へ向かう途中で下車。
宇治です。
10円玉の…平等院鳳凰堂は外観改修中でしたが
お隣鳳翔館☆
展示方法が斬新で楽しい!
建物もモダン(今はこうは言わない?)でまた♪
お薦めの木造雲中供養菩薩たちは皆それぞれ楽器を持っています。
それを見ながら、あの楽器はあーでもないこーでもないと子供と見られる楽しさ。
個々のお名前はなく、「北10号」とか「南23号」とかだけどそれぞれ指先や目線や表情…堪能しました。

更に鳳凰堂からは二体が「京都のイケメン仏像三選」(毎日新聞2011)に入っているそうで
1つのお寺から複数選出はここだけだそう
北25号は(優美な姿三選)で十一面観音菩薩は(美丈夫さ三選)。
こういうとこから仏像に入っていくのもありだわね、と子供を傍らにしみじみ。

堪能したら宇治川で源氏物語に想いを馳せ(笑)ようやく奈良にイン。

さあ、寺だ、鹿だ、と行きたいところをまずはのとある地。
郵便局です。
我が家が必ず調べておくのが土日祝やっている中央局。
各都道府県ではご当地ポスカというのを販売していて、現地でしか買えません。
これをせっせと集めている2号、めでたくゲット。
ついでにご当地な切手を大人も。
旅先からならこっちを貼りたいもの☆

そしてようやく観光、興福寺へ。
やはり色々改修中でしたが取り直し国宝館。
阿修羅を含む八部衆、十大弟子はもちろん、
千手観音菩薩のお手持ち、あれはむち?とかまた親子気になりまくりです。
まだまだ天燈鬼、龍燈鬼などなど…
奈良時代の像、やさしくてたおやか、何だか好きだな。

五重塔(1号)、猿沢池の亀(2号)を経て一日目終了〜。

と思いきや夕食後、地元スーパーには足を延ばさずにいられない我々なのでした。
おみやげも結構こういうとこで調達。
調味料や酒やなんやかんや。
子供らは未知のお菓子やチーズなど。
関西スーパー、いかにも旅で来たぞ、的王道ネーミングでした。
[PR]

by gr.nickel | 2012-10-11 10:55 | いつもの
2012年 10月 02日
いくつあってもほしくなる
c0045025_810100.jpgきっかけは夏期講習のお供で見つけたとある記事
 「ジーンズリメイクバッグby BIG JOHN 」
自社ブランド以外のものでもウェルカム☆という姿勢に惚れたっ

丁寧な縫製と
予定より大幅に早かった納期と
送付から到着以後までの細やかな連絡

こういうとこの商品は将来是非使ってみたいな♪
[PR]

by gr.nickel | 2012-10-02 08:01 | いろいろ